読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳は大変


文学作品の翻訳は、任意の外国語についてはもとより、ある作家なり作品なりの語りの手法をふかく学ぶうえでも大変勉強になるため、僕にとっては一石二鳥で、ありがたく、たのしい、しかもそれはむろん文学研究の基礎でもあるので、けっして避けては通れない、というのは重々承知している、けれど、いかんせん時間が膨大にかかりがちであり、締切に追われがちであり、連日やっていると、睡眠が、死にがちである。

f:id:c_kugenuma:20160414040210j:image