読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目玉焼きとたまごの殻


目玉焼きをつくった。けっこう上手にできたぜーと思ってしばらくうれしかったんだけど、いやまあけっこう上手にとはいってもぜんぜん焦げちゃったり黄身まで白くなっちゃったりかたちも崩れたりで微妙なんだけど、とにかくとりあえず満足のいくレベルのそれをつくって食べてお皿を洗うときに、流しの三角コーナーにべしゃっと捨てられたたまごの殻をみて、みて、みていると、なんか急激に切ないようなさみしいような気持ちになってきて、まったくなんだよこれは、我ながら安っぽい感傷だなってなって、安っぽい感傷、じっとしてたらさらに落ち込んでしまって、だからいまこれを書いている。


熱されたプライパンのうえで殻を割ると、とろりとした白身がじゅわっと広がって、すぐに白くかたまるじゃんか? 水をいれて、するとじゃっという音がでるから、あわててふたをして、湯気がはねかえるのを眺めるよね。そろそろ黄身が半熟だよな、と思って、そしたらふたをはずして、水分とばして、いえーい、できあがり。


それに僕は塩コショウをふって、炒めたベーコンと、バターを塗ったトーストと一緒にむぐむぐ食べたのです。食べながらやはりこういうのがいちばんうまいのだなあとかなんとか思った。


(さっきまで騎士のようにたまごを保護していたあの白い殻は、このときもう役目をおえて、三角コーナーのごちゃごちゃにまぎれた生ゴミになってしまっている)

f:id:c_kugenuma:20160408120015j:image